« 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部美濃の茶陶展サントリー美術館で名品の数々で迫る造形美 | トップページ | 19年春のおすすめアイシャドウ大人ラベンダーorこなれオレンジ »

2022年5月22日 (日)

香りが主役のパイ専門店パイサンイチヨン横浜にバター×スパイス苺&林檎風味も

香り を主役にしたパイ専門店「パイサンイチヨン(PIE314)」が、横浜髙島屋に2020年12月11日(金)にオープンする。

新ブランドの「パイサンイチヨン」では、 香り バーバリースーパーコピーを主役にした「香りのパイ」を販売。バターをしっかりと練り込んだ生地に、スパイスや様々な素材の繊細な香り、コク深い味わいが魅力だ。生地に組み合わせたアーモンドクリームの中に、隠し味としてレモンパウダー・塩・スパイスを「3:1:4」の計算された比率で調合することで、香りとコクを引き立たせている。
フレーバーは、定番の「苺」と「林檎」、冬季限定の「ラズベリーカカオ」を用意。単品販売に加え4個入り、6個入りの詰め合わせで販売される。

「香るパイ 苺」は、 朝の光の中のまどろみ がテーマのフレーバー。清涼感があり、ほろ苦くもピリッと辛いカルダモンと、みずみずしく甘酸っぱい苺ジャムを合わせ、甘く爽やかな味わいに仕上げている。

深まる夕暮れにゆっくりと流れる時 がテーマの「香るパイ 林檎」は、甘く濃厚な香りを放ち、しびれるような刺激を持つクローブと果肉感溢れる林檎ジャムを合わせ、深みのある味わいに。

さらに、冬季限定の「香るパイ ラズベリーカカオ」は、カカオの香りがラズベリーを包み込むような、印象深いフレーバー。すっきりした香りのローズマリーと、程よく苦いココアパウダー、柔らかな酸味と甘みが特徴のラズベリーが調和し濃厚な味わいを織り成す。
「香るパイ」に加えて、甘く、ほのかにエキゾチサンローランベルトコピーックな「シナモン香るザクザク バターパイ」も登場。沖縄県産黒糖とカソ、シナモンを「3:1:4」の割合で生地にブレンドし、荒刻みのアーモンドと一緒に焼き上げた1品だ。
【詳細】

パイサンイチヨン

オープン日:2020年12月11日(金)

場所:横浜髙島屋 地下1階フーディーズポート2

住所:神奈川県横浜市西区南幸1-6-31

価格:

・香るパイ 4個入 1,296円、6個入 1,944円

・香るパイ 苺/林檎 各324円(1個)

・シナモン香るザクザク バターパイ 5枚入 864円、10枚入 1,728円、18枚入 2,916円
※価格は全て税込。

« 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部美濃の茶陶展サントリー美術館で名品の数々で迫る造形美 | トップページ | 19年春のおすすめアイシャドウ大人ラベンダーorこなれオレンジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部美濃の茶陶展サントリー美術館で名品の数々で迫る造形美 | トップページ | 19年春のおすすめアイシャドウ大人ラベンダーorこなれオレンジ »