« ユリウス201920年秋冬コレクション拘束と分断によって生まれる歪み | トップページ | モスキーノ2017年春夏メンズコレクション不思議の国のジェントルマン »

2022年6月 3日 (金)

ジョウタロウサイトウ201415年秋冬コレクション着物で表わす都会の花

(JOTARO SAITO)の2014-15年秋冬コレクションが、2014年3月19日(水)に発表された。

会場に和太鼓と笛の音が響き渡り、幕を開けたショー。音楽を担当したのは、横笛奏者の藤舎貴生率いる和楽器のオーケストラ。コレクションのために特別に制作されたという組曲「花鳥風月」が会場を心地よい和の雰囲気に変えていき、モダンな要素をふんだんに取り入れた新しい着物が続々と登場していった。

今回のテーマは「POWER OF FLOWER」。テーマの通り、ショーを通して花のモチーフが象徴的に用いられている。ファーストルックに見られるような花紋であったり、水墨や水彩で描かれたようなものであったり、平面ルイヴィトンネックレスコピー的なモチーフにだったりカルティエ時計コピーと、その形や色は様々。
そしてそこにストライプやチェック柄、市松模様などの柄を不規則に組み合わせていくことで、着物特有の美しさをとどめながらもモダンさを感じさせる、ギリギリのラインを目指した。繊細で豪華な織りにも注目だ。
またメンズの着物は、やゴールドデニムなど、一見シックなようで華やかさのある絶妙なさじ加減に。日本独自の美しさと都会的な感覚が融合したコレクションからは、着物の持つ更なる可能性とともに、大きなパワーが感じられた。

« ユリウス201920年秋冬コレクション拘束と分断によって生まれる歪み | トップページ | モスキーノ2017年春夏メンズコレクション不思議の国のジェントルマン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユリウス201920年秋冬コレクション拘束と分断によって生まれる歪み | トップページ | モスキーノ2017年春夏メンズコレクション不思議の国のジェントルマン »